リビオ武蔵浦和ザ・テラス

0120114634

航空写真


武蔵浦和は、「さいたま市都市再生整備計画」により大宮や浦和と同じく、
さいたま市の副都心として位置づけられ、さらに発展し続けていきます。

武蔵浦和で最初の再開発事業が竣工してから20数年。
現在では、6街区の開発事業が完了し、さらなる再開発事業により、今後も進化を続けていきます。

駅前は、ペデストリアンデッキで結ばれ、広い歩道も確保されています。
さらに電線地中化により美しく安全な街へと変貌しています。

数々の再開発事業により駅前には、区役所や図書館、多数の大型商業施設やショップ、
医療施設など、あらゆる施設が集積しています。

※掲載の空撮写真は現地周辺を撮影(平成29年3月)したものをCG処理により合成したもので実際とは多少異なる場合がございます。
※掲載の写真は平成29年4・6月に撮影したものです。 ※徒歩分数は80mを1分として算出(端数切上げ)したものです。
※掲載の情報は平成29年7月現在のもので今後変更になる場合があります。
※掲載の概念図は、地図を基に描いたもので位置関係や建物形状など、実際とは異なります。また計画段階のものであり、変更になる可能性があります。

資料請求はこちらから

来場予約はこちらから

ページのTOPに戻る